業務効率化

kintaikanri

業務を行う上で、作業を円滑に進める為に行う事が業務効率化です。
業務効率化を行う為には、業務を行う上で無駄な部分を検証し改善します。
無駄な業務がどれか分からないままでは、業務効率化を図る事が出来ないのです。

業務を行う上で、会議、資料の作成、報告書の作成等が一般的に行われています。
この業務の中で無駄な部分を検証し無駄な部分を明確にすれば、業務効率化を行う事が可能です。

対応

会議の時間を短くする事により、業務効率化を図る事が可能です。
30分以内で終了する会議が、一般的に生産性の高いといわれる会議です。
会議の議題を一つに絞る事により、会議は30分以内で完了します。
また、会議資料は事前に出席者に配布をすれば、会議の内容を理解しより深い内容の会議を行う事が可能です。

ITシステムを活用する事により、生産性の高い会議を行う事ができます。
例えば、会議の事前案内を出席者全員にメールで送信し、会議の日時と内容の周知を行うのです。
そして、会議資料はデータ化しシステムに組み込みます。
こうする事により、会議資料のデータを共有化する事が可能です。

社内資料の配布回数の削減や、必要のない部署への配布を減らします。
こうする事により、無駄な配布時間を削減し業務効率化を図る事が可能です。
また、企業内で資料のフォーマットを統一する事も効率化に繋がります。
フォーマットを統一し、不要な記入欄を減らす事により無駄な記入業務が無くなるのです。

自動

seisankanri

企業によっては、非効率な業務を行っています。
非効率な業務を例えると、エクセルへの記入を長時間かけて手作業で行う事が挙げられます。
システムを導入すれば、手動ではなく自動で行える業務もあるのです。
自動で行えば、作業が短時間で終える事ができます。

また、長時間手動で作業を行うとミスが発生する確率が高くなります。
システムを導入して自動化する事により、ミスが発生する確率を下げる事が可能です。